FrontPage

Gitlabって?

  • Gitというバージョン管理ソフトを、ホスティングするサービスです。
    • Gitを使うと、ファイルのバージョン管理などを効率的に行うことができます。
  • GitHubが有名ですが、Gitlabは自分のサーバー上でホスティングすることができます。
    • CCSでも試験的に使ってみることにしました。

どうやって使うのさ

現在サーバ移行中につき停止中!

1. CCS gitlabへの登録

  • CCS gitlabへアクセス
    • ダイアログが出て認証を求められます。ユーザー名はCCSのtwitterアカウントと同じ、パスワードはいつもの。
  • Sign upの欄の必要事項を埋める。 → Sign up
  • メールアドレスに届いたURLをクリックする。

2-a. Windows

gitクライアント(Source Tree)導入

puttygenの使用

  • この記事 を参考にputtygenをダウンロード&実行
    • ダウンロード先は こちら
    • Generate → マウスグリグリ → Save public key, Save private key
      • 拡張子は勝手につく。名前はpublicかprivateか分かる名前にする。
    • ソフトは終了しない。終了してしまった場合は、再度起動し、Conversions→ImportでPrivateキーを選択

CCS gitlabへのキーの登録

  • ログインし、右上の「Profile settings」アイコンをクリック → SSH keys → Add SSH key
  • 名前に、PC等の名前、SSH keyに、puttygenのテキストフィールドに出ている文字列をペーストし、Add keyを押す。

Source Treeの設定

  • Source Treeを起動し、ツール→オプション
    • 名前とメールアドレスを入れる。
    • SSH クライアントの設定→SSHキーの「…」をクリックして、先ほど作成したPrivate keyを選択
    • OK
  • 新規 / クローンを作成する
    • 「元のパス」に.gitのありかを入れる。
      • git@ccs.turarasoft.com:kakira/2015-C-LanguageLectureDocument.gitなど。
      • リポジトリタイプが「これはGitリポジトリです」となるまで待つ。(ならなかったら失敗)「元のパス」からフォーカスを外すことで判定が始まります。
      • 保存先のパスを設定(デフォルトでもOK)
      • クローン

2-b. (Mac) OS X

gitクライアント(Source Tree)導入

キーの生成

アプリケーション → ユーティリティ → ターミナル を起動して、以下のコマンドを実行する。
赤い文字の部分が入力。太字の部分は適宜読み替える。)

$ ssh-keygen -t rsa -C メールアドレスなど
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (パス): 何も入力せずEnter
Enter passphrase (empty for no passphrase): 何も入力せずEnter
Enter same passphrase again: 何も入力せずEnter
Your identification has been saved in 生成された秘密鍵のパス.
Your public key has been saved in 生成された公開鍵のパス.
(省略)
$ cd ~/.ssh
$ mv id_rsa ccs-gitlab.pem
$ mv id_rsa.pub ccs-gitlab.pub
$ pbcopy < ccs-gitlab.pub

pbcopy コマンドを実行することで、公開鍵がクリップボードにコピーされます。
もし別の文字列をコピーしてしまった場合は、もう一度 pbcopy コマンドを実行してください。

CCS gitlabへのキーの登録

  • ログインし、右上の「Profile settings」アイコンをクリック → SSH keys → Add SSH key
  • 名前に、PC等の名前、SSH keyに、公開鍵(pbcopy コマンドでコピーされた文字列)をペーストし、Add keyを押す。

SSHクライアントへのキーの登録

$ cd ~/.ssh
$ ls
config ファイルが存在しない場合は、以下のtouch コマンドで生成
$ touch config
$ chmod 600 config
$ open config

何らかのテキストエディタが起動したら、

Host ccs-gitlab
  HostName ccs.turarasoft.com
  IdentityFile ~/.ssh/ccs-gitlab.pem
  User git

を追記して保存。

$ ssh -T ccs-gitlab
Welcome to GitLab, ユーザ名!

と表示されたら正しく設定されています。

Source Treeの設定

  • + 新規リポジトリ→URLからクローン
    • 「ソース URL」に.gitのありかを入れる。
      • git@ccs.turarasoft.com:kakira/2015-C-LanguageLectureDocument.gitなど。
      • git@ccs.turarasoft.com」の部分を「ccs-gitlab」に置き換えたものがソース URLです。
      • すなわち、「ccs-gitlab:kakira/2015-C-LanguageLectureDocument.git」となります。
    • 一番下キャンセルボタンの左隣に「これはGitリポジトリです」となるまで待つ。(ならなかったら失敗)「ソース URL」からフォーカスを外すことで判定が始まります。
    • 保存先のパスを設定(デフォルトでもOK)
    • クローン

3. gitの簡単な使い方(gitのローカルでの使い方はわかっている人向け)

  • あとは普通のgitのように使えます。
  • origin / masterが「最後にリモートサーバーをチェックした時の(リモートの)masterブランチ」、masterが「ローカルのmasterブランチ」を指しています。
  • ローカルでは、Commitをすれば記録作業が完了しましたが、それをリモートに反映させるには「Push」を使います。
  • リモートからブランチをダウンロードして、自分のブランチとマージ(統合)するには、「Pull」を押します。
  • リモートからのブランチのダウンロードだけの場合は、「fetch」を使います。
  • その他の情報はこちら

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-05 (水) 14:15:22 (525d)